このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

執事的な彼。

小説 恋愛 その他

執事的な彼。

睡蓮華

(12)

彼は、私の、執事的な存在。

休載中

244ページ

更新:2012/12/09

説明



加賀 高雄(カガ タカオ)
28歳、職業,生田家の家守かつ凛々の後見人。
生田流、琴と三味線の師範。

生田 凛々(イクタ リリ)
17歳、名門女子校、清流学園の2年生。
気が強くて優柔不断、高雄に対してワガママな部分あり。
生田流総本家の一人娘。



「高雄、今すぐショートケーキが食べたいっ!」

「今すぐは無理だろ。
…買ってくるから待ってろ。」

「高雄、今日は練習の気分じゃない~…」

「その要求は了承出来ない。」


そんな時、急に高雄が凛々の学校の臨時講師になる。

生徒×講師、お嬢×執事のダブルな関係。


「高雄、あたしのこと好き…?」

「一番、大事だよ。」




二人の恋はどうなる…?





*******************



ただいま、表紙を描いて下さる方、切実に募集中です。


とっても綺麗な表紙絵は、夏蜜柑様よりお借りしています

この作品のタグ

作品レビュー

睡蓮華さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント