このページのリンクアドレス

エブリスタ
幽霊階段

小説 ホラー・オカルト

幽霊階段

幽霊階段

あゆみん(菱沼あゆ)

(5)

雨の日、その階段を通ると、血痕が浮かび上がって見えた……。

完結

1899ページ

更新:2015/06/08

説明

高校二年生の佐々木明路(あける)。
彼女は登校途中にある階段がいつも気になっていた。
雨の日に通ると、そこに血痕が浮かび上がって見えるのだ。
祖父の形見の腕時計をつけたときだけ、霊が見える彼女だが、その階段でだけは、何もつけずとも、不可思議な現象が起きていた。
道端のものに気を取られると、向こうの世界に引っ張られるという祖父の教えを守り、何も見まいとする明路だが。

この作品のタグ

作品レビュー

快紗瑠@「短ホラ」以外は年内更新休止
快紗瑠@「短ホラ」以外は年内更新休止さん
【作品】幽霊階段についてのレビュー

ネタバレ

(応援)霊感のある少女が事件に巻き込まれていく……。
なぁんていうありきたりな小説ではありません。

前世での業や、因果。
そういったものが複雑に絡み合い、多くのものを巻き込んでいく。

読み進めれば読み進めるほどに、沢山の魅力的なキャラクター達が出て、その度に謎や伏線が追加され、読んでいる側も、主人公達同様に、深い闇に足を踏み入れ、のめりこんでいくような気持ちにさせられました。

常に付きまとう『謎』と『死』

犯人は一体誰なのか?
動機は何?

誰しもが心に抱える心の闇を引き出しながら進められていくストーリ―は時に重々しくもあり、時に共感しうる。

ホラーというジャンルにとらわれない、ミステリーやファンタジー要素も満載な物語の結末は……次巻に続く!!!

という感じでしたので、引き続き、ストーリーに引き込まれてしまったからには、2も3も読まさせて頂きます!
全ての謎が解き明かされ、「私」がスッキリしたいが為に(笑)

長編だから読むのがしんどいかも……と思ったアナタ!!

読んでみて損はないです!!

もっと見る

2015/12/02 16:26
コメント

あゆみん(菱沼あゆ)さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません