このページのリンクアドレス

エブリスタ
トンネルの待ち合わせ

小説 恋愛 純愛

トンネルの待ち合わせ

水月ミキネ

(4)

夏の香り・・・夏の奇跡 「あなたと出会えてよかった・・・」

完結

25ページ

更新:2017/07/13

説明

小学3年生の夏香。
ある日、おばあちゃんの容態が悪いくなり引っ越すことになった。
その引越し先は、まだ日本の風情が残る田舎。
山々に囲まれている中でも
大きな山が一つある。
”叶え山”と言う山。
夏香は、その叶え山のトンネルで一人の高校生に出会い歳の離れた
約束を交わす。

この作品のタグ

作品レビュー

熊川直孝
熊川直孝さん
【作品】トンネルの待ち合わせについてのレビュー

ネタバレ

 最近読んだ短編小説の中では、抜群の完成度と「読ませる」引力・品格を兼ね備えた傑作だと高く評価します。

 ヒロインの名前が「夏香」というのは、作中の情景描写との関連性もあるのですが、実は「かなえやま」という固有名文頭のアナグラムになっていることに気付き、ハッとさせられました。

 秀多との心の交流が、美しくて切ないのは《もう決して戻れない、少女の(少年の)頃の想い出や通過儀礼的感情》を、トンネルという風景にインサートして描いているのも大きいと思います。

 一言でいって、潤いとセンスを感じられる作品であり、作家さんです。


 惜しむらくは、今作を「小学館Sho-ComiGP」にエントリーされているのですが、このコンクールは【130000文字前後推奨、文庫化出来る容量の長編小説(なおかつ高校生学園恋愛ものに限る)】という点です。

 物語自体は素晴らしいのですが、今作品は募集要項に全く合っていません   (^_^;)

 厳しいことを言うようですが、文学賞イベントに投稿・エントリーする際は、募集要項を確認することは作家として絶対に必要なことです。
(見たところ、やはり以前に長編小説書籍化を前提とした「スマホ小説大賞」にエントリーされていたようですし)

 裏返せば、短編小説イベントにこそエントリーすべき力作です!

 

もっと見る

2014/11/06 07:22
コメント

水月ミキネさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント