このページのリンクアドレス

エブリスタ
墓場荒らしのがしゃどくろ

小説

墓場荒らしのがしゃどくろ

江戸ひずみ

(2)

ホラー×ミステリ

完結

100ページ

更新:2017/05/15

説明




裏路地、通称黒市街のレンタルビデオ屋の二階で運営する、「人ならざる者」専門の相談事務所。

幽霊退治、悪魔払い、ゾンビハンティング。誰にも言えないその悩み、解決します。
御用の方は階段を上がって右手に見えます扉を進んで下さい。
お足元にお気を付けてどうぞ。


展開はあり来たり
退治は常識破り


エクソシスト
ヴァンパイアハンター
デビルキラー
陰陽師
ゴーストバスター
悪魔払い


ハイテンション痛快ミステリホラー小説。


「人ならざる者」専門家
墓荒らしによる常識破りの新感覚幽霊退治物語。


素敵な表紙は虚言症様に描いて頂きました。


この作品のタグ

作品レビュー

希胡桃 音葉
希胡桃 音葉さん
【作品】墓場荒らしのがしゃどくろについてのレビュー

怪異ものの作品としてはかなり完成度の高いものとして仕上がっている。
設定としては最近珍しくなくなったもので、人外の専門家が怪異絡みの事件を解決していくものだが、
この解決方法が非常に斬新だ。
まさか既存のホラー映画の情報を駆使して怪異を退治するなど、今までに見たことがない。
ホラーでありながらミステリーの香りすら漂い、理屈と推理で人外を論破する。
実に見事に盛り込まれた伏線を、対峙する瞬間に一気に回収する素晴らしい構成。
しかも人外、怪異の発生にもきちんと条件と理由が含まれていて、
感情をきっかけに推理していく様は読み手を飽きさせない。
理屈っぽい笑いのポイントも見所の一つで、めちゃくちゃなことを言っているようで
なぜか納得してしまう屁理屈理論がかなり面白い。
キャラクターは比較的真新しさはないが、それでも個人的に好みな冷血タイプの主人公と、
しっかりしているようでどこか抜けているヒロイン、また、一癖も二癖もある依頼人たち。
指摘箇所といえば、作者様の趣味に走りすぎていてマイナーな映画のタイトルが多すぎて
理解できないところ、対峙するまでの尺が少し長くてだれるところが挙げられる。
文章力は、作品を重ねるごとに上昇する作者様の作品のことだからほとんど問題もない。
これほど矛盾のないミステリホラーは、本当に久しぶりに読ませてもらった。
これからも期待しています。

もっと見る

2014/01/14 22:54
コメント

江戸ひずみさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント