このページのリンクアドレス

エブリスタ
新【ラ・クレーム 】第1話

小説 ファンタジー

異次元カフェ【ラ・クレーム】

新【ラ・クレーム 】第1話

筑紫 のあ

(17)

貴女はちょっと疲れただけ。大丈夫。異次元カフェで本当の愛に気付けば・・・

完結

48ページ

更新:2017/11/03

無料

説明


私の店【ラ・クレーム】に
ようこそ。

美味しい珈琲と
自慢のお菓子が
あります。

味は極上ですよ。
ただし、私の店
カフェ【ラ・クレーム】は
誰でも、来れる訳では
ありません。

私の店は来るべき人、
私の助言と私の珈琲、
私の手作りのお菓子が
必要な人しか入れません。

ラ・クレームは疲れて、
大切な広い意味での愛を
忘れた人が本当の自分に
気付いて貰う為のお店。


ラ・クレームは
必要な人にしか
見つけられません。



素敵な表紙絵はにゃあにゃっ様
[リンク]


さあ、私は今日も
美味しい珈琲と
極上のお菓子で
お客様をお待ちしています。


作品執筆開始2013年9月下旬。

エブリスタ公開2013年10月下旬。

1度、2014年1月に完結しましたが
読者様からの応援で続きを
書きました。

★★★★★★★★★★★★★★★★
★ 大修正と新キャラ、
★ 新エピソードを足しまして
★ 2015年12月30日に
★ 再公開しました。

★ 皆様、宜しくお願い致します

★★★★★★★★★★★★★★★★

この作品のタグ

作品レビュー

熊川直孝
熊川直孝さん
【作品】異次元カフェ【ラ・クレーム】についてのレビュー

ネタバレ

 それぞれのヒロイン(例外あり)が、織り成す「味わい深い」心と愛の物語が、私たちが普段過ごしているのとは異なる世界に存在する(のかどうかすら不確かな)『ラ・クレーム』という不思議なお店を介して描かれて行きます。

 連作集でありながら、そこに登場する《Guest(お客様)》達のエピソードは、全く趣やテイストを変えた内容であり、それはこの三次元で息をする人々の生き様とも重なるのです。

 会社内の人間関係、パワーバランスや「他者との距離の取り方・親しくする絶妙のバランス」に悩むOLもいれば、環境の大きな変化・離別に翻弄される少女もいます。

 他のエピソードでは、前代未聞・唯一無二の「三角関係」に陥ったヒロイン?主人公の人生を、光と輝きの中でコミカルかつハートフルに読ませてくれます。

 笑った顔のまま涙を流せる。そんな物語こそが、真の意味で「素敵な」作品だと私は思うのです。
 そして、その条件を見事に兼ね備えているのが、今作『ラ・クレーム』であると高く評価出来ます。

 惜しむらくは、五次元の概念~歴史的な推移の中で「存在する(もしくは存在してない?)」マスターの立ち位置を、割と早い内に作中で明かしてしまったことでしょうか。
 個人的な感想なので、読者にもよると思いますが、ここはもうちょっと伏せてミステリアスさ加減をアップさせるのも良いかな?と。

 とは言え、物語個々の完成度、登場人物のキャラクター設定(いわゆるキャラ立ち)に加え、単なるお説教・メッセージ文学に陥ることなく、哲学的命題をも包括したエンターテイメントに仕上げる作者様の技量は、桁外れだと思います。

 ずっとずっと続いて欲しい作品というものがあるなら、それは『ラ・クレーム』だ!
 そう断言出来る程の名作です。

もっと見る

2014/12/24 07:00
コメント(2)

筑紫 のあさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント