このページのリンクアドレス

エブリスタ
くちびるに赤いバラ

小説 恋愛 純愛

くちびるに赤いバラ

くちびるに赤いバラ

星奈

(6)

大丈夫ですか? そう言って彼女のくちびるに俺は手を伸ばした。

完結

61ページ

更新:2014/03/23

説明

バレンタインの日。

タクはバイトしている花屋で ”赤いバラを100束、配達してほしい” という不思議な依頼を受けた。

配達先は町一番のお屋敷。

そこで彼が出会ったのはーーーー。

******


バレンタインには、男性から女性へ長い柄のついた1輪のバラを贈る習慣が、私の住む国にはあります。

1輪だけなのは ”僕には君しかいないから (You are the only one for me )” 。



短編です。


完結しました。
応援ありがとうございました。 ^^



Happy Valentine!


(追記)
誤字に関して修正しました。
他にも気がついた方はぜひコメントで教えてください(汗)。


この作品のタグ

作品レビュー

星奈さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント