このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は半年以上更新されていません。

天才虫使い様にお願い-Rewrite

小説 ファンタジー

虫使い様

天才虫使い様にお願い-Rewrite

以煦子

(3)

物言わぬ巨大化した虫と傷を負った人達の絆と救いのファンタジー

休載中

286ページ

更新:2018/04/14

コメント:2016/03/03連載開始。修正完了。更新停止中(更新マークは修正によって)

説明

 なぜか、どうしてか、『虫』が巨大化する世界で。

 『巨大虫』は人間の血のみを生命線とし、その代わりに人間は彼らを使役する権利を得る。

 そんな世界の、とある町で

 異色の生い立ちを隠したペテン師。
 過去の罪に苛まれる黒ずくめの男。
 肉親との確執を抱えた美丈夫。

 彼らはそれぞれ巨大な『虫』を相棒とし、人のために町を駆ける。 

 優しい物語を目指しました。

***

 どの話も一話で完結しています。

 皆様の好物の「最強」「チート」「魔法」「学園」「冒険」はございませんし、題材が取っ付きにくいとは思いますが読んでいただけると幸いです。
 レビューやペコメに感想をいただけるともっと幸せです。

 178~179Pの『登場人物①』をサクッと読んでから、気になるタイトルを読んでいただいてOKです。

 作者的おすすめは
・『虫使いの出張授業』
 主人公達が巨大虫を連れて特別講師として小学校を訪れるが、この企画の真の狙いは授業じゃなくて他にある?
 世界観や巨大虫の面白味が詰まっていると思います。
・『うちの弟知りませんか?』
 突然現れた女性の「弟を探して」という頼みを安請け合いしたが、この話……何だか雲行きが怪しい。
 16Pという短い話ながら、話のメリハリを意識し、アクションシーンも入れました。ただし主人公が空気過ぎるのが難点です。

 テレビドラマを見る感じでご覧ください。

***
★更新情報(2016/8/3)★
 サポーター特典作ってみました。
 大したことは書いてないですが、裏話を載せました。

 『虫使い様』はしばらく休載と致します。(もともと不定期、開店休業状態なのに)

☆葉月彼乃様がヒムカ&ミカのイラストを描いてくださいました! ぜひ御覧下さい!→[リンク]

***

・虫は出てくるものの、虫に関するグロい表現はほぼ皆無です。
・ファンタジーを称していますが、異能を持たない人々の物語です。
・地の文は三人称です。
・1Pあたり800文字前後で、1話あたり約15~50Pとなっています。(ページ数が多いと戻るのが面倒な作者の好みです)

この作品のタグ

作品レビュー

以煦子さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント