このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

死なない黒猫は星降る夜に

小説 ライトノベル

死なない黒猫は星降る夜に

あかつき

(3)

非日常系伝奇ファンタジ-

休載中

140ページ

更新:2015/03/01

説明

貴方は、未確認飛行物体を信じるだろうか。


貴方は、宇宙人を信じるだろうか。


貴方は、未確認美少女を信じるだろうか。


貴方の身近にも存在しているかもしれない。


これは、掴みどころのない飄々系男子と、その親友(という皮を被らされた下僕)と、未確認美少女の不可思議で変な物語。

※一人称宇宙人視点
※読みやすさ重視
※ファンタジー要素あり

もしもアニメ化したら

☆勝手なCV↓

榛名春彦…宮野真守
黒岡野零…木村良平
神無月沙紗…花澤香菜

この作品のタグ

作品レビュー

陶山千鶴
陶山千鶴さん
【作品】死なない黒猫は星降る夜にについてのレビュー

ネタバレ

イベント参加ありがとう、陶山千鶴だ。さっそくレビューさせてもらうーと、私なりに宇宙人、視点ならぬ、宇宙人になってみました。どうでしょう。私の宇宙人のイメージが、我々は、宇宙人、ビビビーなのです。一昔前のカップヌードルのCMを思い出しました。たしか、カレー味のカップヌードルチーズが入っているCMでした。宇宙人がビビビーと注入するCMです。レビューに関係ないこと語るな? すみません。宇宙人、視点になって読んでくれとのことだったので雑談、混じりにやってみました。こういう冗談が好きな私です。


さて、作品のレビューですが、主人公の男の子がいいです。宇宙人の彼が地球人を内心で見下しつつ、同じ宇宙人の女の子が登場すると同時にビビリまくるところが面白いです。

ギャップですね。ギャップがよいです。小生意気な小僧がちょっと調子にのってドジをふむような可愛らしさがあります。

宇宙人の女の子の登場も派手でよかった。そりゃ驚くね。家を一軒、破壊しての登場です。なにげに主人公が家の住人の安否を心配してたので、なんか思春期真っ只中のちょっとひねくれた中学生を連想してしまい、ほんわかしました。

悪いところもなく、面白い作品です。引き込まれるような魅力? いいえ、宇宙人らしく、宇宙からの引力と呼ぶべきでしょうか。面白い作品です。ありがとうございました。以上、陶山千鶴でした。

もっと見る

2015/02/20 16:20
コメント(1)

あかつきさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント