このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

rain rainy rainbow

小説

rain rainy rainbow

rain rainy rainbow

rainbow知晴

(13)

清瀬美月さん主催の詩イベント「女詩会」参加作品

休載中

5ページ

更新:2016/06/19

説明

清瀬美月さん主催の詩イベント「女詩会」参加作品

この作品のタグ

作品レビュー

清瀬 美月 10/20は『女詩会』の日!
清瀬 美月 10/20は『女詩会』の日!さん
【作品】rain rainy rainbowについてのレビュー

ネタバレ

たんたんたんと雨音が響くように、とてもリズミカルに始まるのですが、どこかぎこちない二人の関係性がとっても可愛らしくて。

相合傘っていいですね。

言葉はなくても自然にお互いの行動が読めて、そこにほんの少しの緊張感が相まって、狭い傘の中の熱が逆に際立ち、きゅんとしました。

水溜まり、入っちゃいます(大人でも)

長靴なんて履いてたら、真ん中に水溜りがあったってどんどん進んでいきますよ。

大好きな彼を信じて真っ直ぐに進むように、もしそれが違ったとしても、真ん中を後悔なくドキドキしながらも進んでいくって、楽しいなと思います。

次の『雨』は、ご自身と重ねて読まれた方は多いのではないでしょうか。

いたたまれないからこそ逃げ出しても、思うことは彼のことばかりで。

その後に続く『rain rainy rainbow』が魔法の呪文のように感じられて雨の中でもの想う切なさが胸を突きました。

知晴ちゃん、今回もまた女詩会に参加してくださり感謝の気持ちでいっぱいです。

いつもいつもありがとうっ。

そして素敵な作品をありがとうございました。

もっと見る

2016/06/27 15:08
コメント(2)

rainbow知晴さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント