このページのリンクアドレス

エブリスタ
こいとれんず

小説 青春

こいとれんず

うたうもの

(5)

塾の帰りに小さな橋の上で

完結

27ページ

更新:2017/01/05

説明

山田美沙は、塾が終わるといつもは父親に迎えにきてもらっていたが、その日は父の仕事が長引いてしまい…

受験期の心のかっとうをやわらかく描いた作品。

表紙はibisPaint X で作成。

It's fiction, so have no connection with real people and real organizations.

But we can get a real idea from fiction pieces.


This piece has been created by utaumono.

(c) うたうもの 2017 無断転載禁止

この作品のタグ

作品レビュー

haori@多忙&LAN不調
haori@多忙&LAN不調さん
【作品】こいとれんずについてのレビュー

ネタバレ

こんばんは(^ ^) お邪魔させていただきました。

作者さまの物語としては異色のものかな?と、拝読しながら思っていたのですが、何と言ったらいいでしょう。少年少女たちのこういう葛藤の具合って、以前作者さまの作品でお見かけしたような…と考えていたら思いだしました。「キライな時間」。これです!

いや、全然内容違うし、登場人物の歳も違うんですけどね(^^; でも、先にも書きましたが、自立できない年頃の少年少女たちの、どうしたらいいの?という葛藤の具合が、「キライな時間」を記憶から呼び起こしてしまって…。

と、蛇足なことを書いてしまいました。申し訳ありません。

主人公の少女にとっては、進もうとしている道は自分が進むに正しい道と思っているけれど、反面、押しつけられたような気もして、その気持ちがとっかかりなのか、はたまた、あくまでその気持ちは少女が抱えている葛藤の一部分なのか、それははっきりとはわかりませんが、うまく処理できず抱えている葛藤(モヤモヤと言ってもいいかもしれませんね)とメガネと鯉が不思議に絡んでいって。この不思議さは、作者さまの既存作品に感じる不思議さとはちょっと毛色が違う気もしますが、よく考えると突飛なものであるのに、作者さまのやわらかい文体のせいか、不思議であるとわかっているのにすんなりと心の内に入ってきます。

さて。鯉が残した言葉。この言葉は確かに現実に戻った少女にも残り、新たなメガネと共にその言葉はどう、少女の道の選択にかかわっていくのか。ラストの後のその世界をつい想像してしまいますね(^ ^)

素敵な物語をありがとうございました(*^ ^*)

もっと見る

2017/01/15 19:47
コメント(3)

うたうものさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント