このページのリンクアドレス

エブリスタ
僕はこの物語の題名を知らない

小説 恋愛

海乃イルカの恋愛ドラマ作品

僕はこの物語の題名を知らない

海乃イルカ

(7)

ラストで涙を枯らさせて頂きます。

完結

102ページ

更新:2018/10/12

コメント:とびきりのバットエンドに向かって。

説明

茉風様に挿し絵を書いて頂きました。
雰囲気の出ている素晴らしい絵の数々、みなさんも堪能してください。
まず、4ページにゆかちゃんと、ゆうくんのキャンパスライフ!
ゆかちゃん凄く嬉しそう!いきいきしてて、可愛いよ!
[リンク]

私は、余命一年だった。
そんな時、彼氏が事故に合い。そして、記憶もとんでしまった。

私は決意した、出会った当時をやり直して、付き合うきっかけになった彼の誕生日を祝ったら、消えると。しかし、噛み合わない歯車は、二人を急速に近づけてしまう……。

余命宣告系の恋愛ものです。
ですが三重県旅行記や北海道旅行記、食レポなんかも盛り込まれていて、いろいろな方に楽しんで頂けると思います。

作中で登場するお店の名前などは一部変えてあるなどし、架空のお店としています。実名を知りたい方は作者までお問い合わせ下さい。

この作品のタグ

作品レビュー

海乃イルカさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント