このページのリンクアドレス

エブリスタ
ロミオとジュリエットと人形の話

小説 ミステリー

超常探偵

ロミオとジュリエットと人形の話

赤羽道夫

(2)

受けた依頼とは別に、サブを頼まれた先野光介は、二つの仕事を掛け持ちする。

完結

81ページ

更新:2018/02/18

説明

息子をかどわかす年増女は何者なの?
愛する息子を心配する母親からの依頼を受けて調査に乗り出した探偵・先野光介《さきのこうすけ》は、女の正体にたどり着いた。
そして、できれば別れさせてほしいとの母親の願いをかなえるのは、難しいと頭を抱える。
そんなとき、同僚の探偵、三条愛美《さんじょうまなみ》から、人形さがしのサブに入ってほしいと頼まれる。
二つの依頼をこなすため、大忙しの先野であったが、果たして、無事に依頼は達成できるか?

(22167文字)

この作品のタグ

作品レビュー

赤羽道夫さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません