このページのリンクアドレス

エブリスタ
SACRA

小説 青春

SACRA

上村葉音

私は、sacrificeになるつもりだった。

完結

26ページ

更新:2018/04/20

コメント:sacrifice,sacred,SACRA.

説明

儚く散ってしまうこと。
儚く散ろうとしてしまうこと。
本作は、そんな日本人の美的感覚に対する、一種のアンチテーゼに映るかもしれません。

だけどただ否定したいわけではなくて。
単に「桜」を越えた先の光景を観たかった、それだけなのかもしれません。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

上村葉音さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません