このページのリンクアドレス

エブリスタ
狼煙家平吉の白

小説 歴史・時代

狼煙家平吉の白

宇南

天正3年。平吉は向こうの山から立ち上る白を見た。狼煙だ。

完結

4ページ

更新:2018/10/21

コメント:四半時のうちに狼煙を上げるのじゃ。信玄公に尽くせ。

説明

「宇南の日々ショートショート」から「発煙 180823」を改題し、風上メイさんの「歴史・過去テーマ募集」のイベントに参加させていただきます。狼煙家に生まれた少年平吉のとても重大な四半時の出来事を、なるべく少ない文字数で短編にまとめてみました。よろしくお願いします。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

宇南さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント