このページのリンクアドレス

エブリスタ

エブリスタ×角川ビーンズ文庫「恋」短編コンテスト第6回「はじめて」

イベント名

エブリスタ×角川ビーンズ文庫「恋」短編コンテスト第6回「はじめて」

スケジュール

・募集期間: 2018年8月16日(木)11:00:00 ~ 2018年9月16日(日)23: 59: 59
・中間発表:なし
・最終結果発表:2018年11月予定

大賞(賞金3万円+選評)1作品
準大賞(賞金2万円+選評)1作品
入賞(賞金1万円+選評)1作品
佳作数作品(選評)
※大賞、準大賞、入賞または佳作(以下、「受賞」という。)の作品は短編小説シリーズ「エブリスタ×角川ビーンズ文庫 恋短編シリーズ(仮)」に収録される可能性があります。(収録を依頼する場合には、受賞者に別途、ご連絡させていただきます)。
※受賞作品はエブリスタ公式SNS等で配信・紹介等される可能性があります

募集内容

エブリスタと角川ビーンズ文庫がコラボした、新しい小説短編シリーズが誕生します!
全6回を予定する当コンテスト、今回のテーマは「はじめて」 です。
学校を舞台に、「はじめて」が物語のキーになる作品を募集します。

・ずっといい友達だと思ってだけど、気がついちゃった。アイツが好きって……。はじめて感じたこの気持ち、告白しちゃいます!
・はじめての彼と初デート! ふとした瞬間に手をつなぎたくなったんだけど、私から言い出してもいいのかな…。
・恋バナしてたら、ファーストキスの話になって、しかも、それを片想いの先輩に聞かれてた!? 先輩、いろいろ誤解してます…!! 私、まだキスしたことないです!
好きな人がいるとわいてくるパワー、気持ちを相手に伝える勇気、想いが通じるかドキドキする不安……。毎日の通学路や教室が違って見えてしまうのも、恋したからできる「はじめて」体験です。恋の嬉しさや切なさがつまった「はじめて」のエピソードをお待ちしております。

応募要項

・文字数は100文字(三行程度)~8000文字
・舞台が学校であること
※制限文字数未満又は制限文字数を超えた作品は選考対象外となります。
※非公開設定している作品は、選考対象外となります。

-----------------------------------------
角川ビーンズ文庫とエブリスタのコラボ作品が続々刊行中!
《エブリスタ小説大賞学園ストーリー大賞受賞作も大好評発売中!》
待ち合わせは理科室で
著者:油木栞
Sound 君に捧げる恋のカノン
著者:朱里コウ
そのほかコラボ作品は角川ビーンズ文庫公式サイトからチェック!

---------------------------------------------

応募受付

応募するにはログインしてください。

ログインする

みんなのコメント

恋だぁ!

小説 恋愛

恋だぁ!

木村タクヤ

完結

10ページ

二度目のキスは私から

小説 恋愛

二度目のキスは私から

けものさん

愛情は、時々恋の邪魔をする。恋は時々、愛情の上を越えていく。

完結

6ページ

オネェな義兄と私の×××

小説 恋愛

オネェな義兄と私の×××

おねぇな義兄と私の×××

Ami

短編なので暇つぶしにどうぞ!

完結

16ページ

羽ばたく鳥のように

小説

羽ばたく鳥のように

みのり

連載中

3ページ

大人未満な青い心

小説

大人未満な青い心

八分血 劍

少年たちは間違い続ける

完結

2ページ

大賞(賞金3万円+選評)

佐藤英二が登校しない!

小説 恋愛

佐藤英二が登校しない!

著:香月春七(かづきはな)

選評:

途中にメッセージでのやりとりをはさんだり、時間軸が行ったり来たりする、複雑な構成ながら、“お互いに相手が大事”というテーマを上手く描ききっている。ラストの告白シーンは、盛り上げが上手く、思わずニヤリとしてしまう。

準大賞(賞金2万円+選評)

僕の初めてを君にあげる

小説 恋愛

僕の初めてを君にあげる

著:芹香

選評:

男装女子が女装男子に一目惚れする、冒頭からテンションの高い作品。王子として女子にもてるのが好きなヒロインが恋をして、初めてかわいい女の子になりたいと感じる心の動きにぐっとくる。キャラにも魅力があり、一気に読ませる力があった。

佳作

リピート ファースト キス

小説 恋愛

リピート ファースト キス

著:indi子(金色魚々子)

選評:

失敗してしまった初彼との初めてのキス。大好きな相手に嫌われていないか心配して、周りを巻き込みつつドタバタする二人が楽しく愛おしい。こんなファーストキスもあり!と思わせてくれる。

非常時以外は開けないでください

小説 恋愛

非常時以外は開けないでください

著:寝癖

選評:

東京から転校してきた女子に、告白したい関西少年のお話。告白するために標準語の練習をしたり、会話が面白くコメディ要素も楽しめる。笑いの中に、ちゃんと恋の要素も入っていて、読んでいて気持ち良かった。

おでこのおまじない

小説 恋愛

おでこのおまじない

著:タイム(高瀬花央)

選評:

朝の教室で、落としたコンタクトレンズを一緒に探してもらうことから始まる恋。「おでこをみせた髪型にしてよ」というリクエストに、ドキドキしながら応える主人公がかわいく、ヒーローとの今後を素直に応援したくなる作品。