東堂薫

やるな! 長谷川くん。 お母さんも素敵だ。恋の魔術師。 こんなに達観してるのは、なんでだろう? じつは、意外と苦労人なのか……? そして、なにより、ヒロインの朝子ちゃんのピュアな気持ちが、ストレートに伝わってくる。 素直で生き生きして、ほんとに、いい子だなぁ。 天音さんらしい、とても清々しい青春ラブストーリーでした(*^^*)!
私の恋愛ものはどうも幼くなってしまうのがなやみですが、東堂さんにそう言って頂けたら恐悦至極にございます。 お母さんは、若かりし頃出る杭は打たれる、で苦労した経験がある設定です。でも打たれ強く生きて今の
なるほど。お母さんの設定も、しっかりしてて、それが作品に深みを与えてますね。 僕は逆に、さわやかな恋愛物って書けなくて…羨ましいです(^_^;) ところで、このお話を読んだとき、最初に作品を読ませ

/1ページ

1件