衝撃の結末に向かって鬼の子イダテンが駆け巡る! 深い悲しみから生きる理を学んだイダテンの姿は、どんな人間よりも美しい。 人の愚かさ、そして、儚さ、深い愛を、イダテンを取り巻く幾多の物語が教えてくれました。 スケールの大きな時代絵巻です。 素敵な作品をありがとうございました。
最後までお読みいただいた上、過分なコメントまでありがとうございます。 感謝しております。 ……と、いうようなコメント下手ですが、赤木さんの作品にレビューさせていただければと考えております。
感じたままを書かせて頂きました。 (上手く表現できてるといいのですが…) 最後は悲しかったですが、素晴らしい内容のお話でした。特に最後のあたりは圧巻ですね。 イダテンは終了ですか? 私としては、その後

/1ページ

1件