※このコメントはネタバレを含みます

1件1件

※このコメントはネタバレを含みます

4件

※このコメントはネタバレを含みます

1件
ちはやぶる 荒々しく駆け巡る状況の中にありつつも 人の世の脆くて儚い姿を詠まれる物語でした。 台詞回しは一見難解そうに思えましたが それぞれの個性とその場の雰囲気が 良く伝わり より味わい深く作品に
1件

※このコメントはネタバレを含みます

衝撃の結末に向かって鬼の子イダテンが駆け巡る! 深い悲しみから生きる理を学んだイダテンの姿は、どんな人間よりも美しい。 人の愚かさ、そして、儚さ、深い愛を、イダテンを取り巻く幾多の物語が教えてくれまし
4件
紅い髪の鬼の子、イダテン。 人間にうとまれてきたイダテンが見る人間の世界は、醜くて、美しい…。もっともっと読み続けたい、オススメの作品です。
1件12件
二瀬幸三郎です。 いつもご高覧ありがとうございます♪ また、〈『ちはやぶる』〉少しずつですが、拝読させていただいております。 まだ序盤ですが、物語に惹き込まれております。 唯、今回は、気になる事と
2件
伝奇ものならではの展開は興味深いですね!スピンアウトも出来そうな雰囲気……

/1ページ

9件