僕と桜と松陰先生

幕府への復讐を誓い感情を失くした吉田稔麿が恋した相手は新選組で生きる少女だった。

望月悠

40分 (23,876文字)

1,086 92

あらすじ

「潰す?何を言ってるの?そんなに簡単にアイツらを死なせないよ。地を這いずり回るような苦しみを与えてからなら、僕が地獄に葬り去ってあげる」 長州藩士吉田稔麿(ヨシダトシマロ) 大切な師への思い

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る