遺書。【第4部】

目が覚めると一年前の世界だった。これは僕の失敗する物語だ。

相生 逢

ミステリー 完結 過激表現
12時間1分 (432,486文字)

1.6万 7,831

あらすじ

第4部 目が覚めるとそこは一年前の世界だった。これは幸運なのか不運なのか。 一年間のやり直しができると言って、僕が思ったのは心底面倒くさいだった。 そんな僕の目の前に現れた少女は言った。 「人生を

シリーズタグ

感想・レビュー 11

P888 >それ以上に亮二が死んで泣き叫ぶ晴香の姿 この日に生きてましたか?
双子に関して P454とP616
話は面白くて、1部から4部までいっきに読んでしまった。 4部がまさかのファンタジー(笑)で驚いたけど、話は面白いです。 ただ誤字脱字、登場人物名の間違い、話の内容が時々おかしい所があるのが残念。
もっと見る

この作者の作品

もっと見る