赤い月が輝く夜 ―壱の章―

[少年]は嫌悪していた[魔術師]と共に……。

時雨夕凪

4時間29分 (161,314文字)

340 115

あらすじ

精霊が宿る大陸。 人間は精霊の力を借り、力強く生きていた。 魔物は森の奥深くで眠り、静かに暮らしていた。 ある時、人間は自分達の欲で魔物の領土を荒らした。 それが発端となり大きな戦争が起こった。

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品