儚き夢─幕末花々譚─

燃え盛る炎のように咲き誇る花の下、最初で最期の恋をした

小春

歴史・時代 休載中
54分 (31,945文字)

489 241

あらすじ

──どうか、幸せに。 ただ それだけを願って見守った花は、散った。 最大の親不孝を、と嘆く愚かな偽者に 『きっと、また逢える』 それは綺麗な笑みと言葉を遺して。 愚かしいほどその言葉だけを

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません