白梅抄

追悼企画第二弾。今回は土方さんです。

小春

37分 (22,065文字)

128 43

あらすじ

薄く透明な蝋梅の様に強くしなやかに、 ―生きれたなら。 舞い散る白梅のように誇り高く、 ―死ねたなら。 土方歳三、北の地に咲く。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品