解離性同一性障害と云う病気

上下巻、書籍、電子書籍にて発売中

1,201 4万

ノンフィクション 完結 過激表現
1時間47分 (63,891文字)

あらすじ

表紙提供 田野敦司 /_ilst_view?w=19133383   あらすじ サイコレプシーの父親による、虐待、保険金殺人未遂の末、解離性同一性障害を患った丸山信也。やがて成長していく

シリーズタグ

感想・レビュー 34

このサイトで読みつつ、私はやはり衝動を抑えられなかった。 Amazonでもこの「肉の監獄」を注文した。 家に届くのが待ち遠しかった。数日後に書籍を手にした時、震えた。 表紙の硬さ、紙質の良さ、印字の明
初めて『肉監』を読んだとき、 どんな言葉でレビューを残したら良いのか? 困りました…(笑) それは 私自身に この小説に相応しい言葉が なかったからです。 ここまで 赤裸々に 真摯に 真っ正面をむ
[その1]を読み終ったとこ… 今はコメントは…😢 全部 読み終ったら 改めて書きます。m(_"_)m
もっと見る

その他情報

公開日 2011/9/1

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る