カミゴロシ

信じるものを貫くために、神殺しの大罪を犯す――近未来ダークファンタジー

有澤いつき

4時間37分 (165,708文字)

184 471

あらすじ

※チマチマ修正します。新シーンの追加、描写や定義の補足などする予定です。しおりを挟んだ方にはご迷惑をおかけします※ (2014/4/7→20ページまで修正) 近未来。地球。世界。日本。 世界

タグ

感想・レビュー 17

長らくおまたせ致しました。サークルイベントから。本当は最後まで読もうと思っていたのですが、途中までの感想となります。 ◇全体を通して心理描写の幅が広く、内容が頭に入ってきやすかったです。繰り返しのセ
ネタバレあり
2件
【ネタバレありますね】 お久しぶりです。おうぎです。 ラストまで読みましたので、再度レビューしたいと思います。 まず、完結お疲れ様です。 全体として、楽しめる物語でした。 ただ、母親の件は取って付
正直、自分にはよく分からない小説でした。信号が力になるのは分かります。それは理屈はよく分かりませんが、他の神を殺した時も同じなんでしょうか?ちょっと無理もある気がしますが。神殺しを善とか悪とかいうまえ
ネタバレあり
1件1件
もっと見る

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品

もっと見る