猫の恩返し

お前と過ごした日々は、俺にとって宝物になったんだ―――

瑞希

恋愛 完結
2時間4分 (74,323文字)

197 364

あらすじ

その日は、朝から雨だった 仕事からの帰り、家の近くで真っ黒な猫を発見 なぜかほっとけなくて、思わず連れて帰った 風呂に入れて、買ってきたキャットフードをやって… ……… 朝…目が覚めると、俺

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る