天秤の標

秤の上にかけられしは、二つの揺り籠

時音蓮歌

5分 (2,549文字)

8 0

あらすじ

――曰く、天秤。  まるで、鏡のように存在する二つのセカイ。  時に科学が台頭し、時に魔法が牽制し、だが殆どの時を両者は共存という道をもって歩んできた。  だが、多くの者は知らない。自らの隣に、よ

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品