水晶が映すセカイ

T-1甲子園(北陸・甲信越地方ブロック参加作品)

時音蓮歌

9分 (4,851文字)

6 12

あらすじ

 そこに映るは実像か、虚像か。答えはなくても、映像は明滅し続ける。  これは、ボクが見た物語。  ボクは今、何処へ着くとも分からない大穴の中を逆様になって落ちている。  落ちるところまで落ちたら、き

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品