くちびるに赤いバラ

大丈夫ですか? そう言って彼女のくちびるに俺は手を伸ばした。

星奈

恋愛 完結
42分 (25,145文字)

113 546

あらすじ

バレンタインの日。 タクはバイトしている花屋で ”赤いバラを100束、配達してほしい” という不思議な依頼を受けた。 配達先は町一番のお屋敷。 そこで彼が出会ったのはーーーー。 ******

シリーズタグ

感想・レビュー 5

これは、こんなに短いのに、ただの恋愛小説ではなかったです。 「喪失の悲しみ」は経験しなくてはわからないと思う。だからこそミリーとパパは2人で、それに向き合い、乗り越えていかないといけなかった。
ネタバレあり
4件3件
spちゃん、お疲れ様です(〃'▽'〃) すごい! まず世界観に引き込まれちゃって、次々とページをめくっちゃってました( ´艸`) ミリーの一途さが健気で可愛くて! お父さんの愛情も伝わって
ネタバレあり
1件2件
すっごくすてきな作品でしたー( ´艸`) もう、ドキドキしっぱなし。 すごく描写が丁寧で、男の主人公にも関わらず感情移入してしまいました…♪ 男女の愛だけじゃなく、親子の愛情もこのページ数に濃縮さ
ネタバレあり
2件2件
もっと見る