609号室

元ホテルマンが書いた、 実体験をもとにしたホラー小説

青山瑞希

ホラー 完結
1時間13分 (43,325文字)

181 2,515

あらすじ

夜勤中のホテルマン「三上サトル」のもとに、 深夜、『ある部屋』から電話がかかる。 それは、ありえないことだった。 なぜなら、その部屋は存在するはずのない部屋… サトルが受けた1本の電話…

シリーズタグ

感想・レビュー 8

 崩壊して行く蒼く彩られた瞳の中の、真っ赤な客室……  これぞ、怪奇サスペンス・ホラーミステリーの決定版!  人々の情念と業(ごう)、それに愛憎が二重・三重に折り重なって、使われていない呪われた客室
ネタバレあり
4件1件
言葉のリズムがとても素晴らしくて、直ぐに物語に引き込まれました! 頑張って下さい(*^▽^)/★*☆♪
2件1件
なんとなくページを開いてみたら、先が気になり一気読みしました。 じゅうぶんなホラー性もあり、ちょっとしたミステリーな空気も楽しめる。 読者を飽きさせない展開で怖おもしろかったです。 サトルが報わ
ネタバレあり
1件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る