走馬燈

あの頃の青く淡い片想い。

紫水晶

青春 完結
45分 (26,405文字)

95 725

あらすじ

青く淡い片想い。 今も、時々、思い出す彼。 家に届いた同窓会の葉書。 あの日の切なさ。 あの時見た風景。 あの頃の記憶。 走馬燈の様に思い出す。 そして、一本の電話。

シリーズタグ

感想・レビュー 1

お疲れ様でした! 一気読みしました! 大きく成長した、中学生生活でしたね。 その後も 待っていますヨ!
1件1件

この作者の作品