箱の中身は……

恐怖とはかたち無く、あやふやな存在である

鞘瓜

ホラー 完結
8分 (4,571文字)

7 16

あらすじ

人には恐怖という感情がある 例えばそこに箱があったとしよう そこには何か入っている。しかし中を見るための穴はなく、確かめるにはふたを開けるしかない…… 中身は何なのか、それも分からない。大

シリーズタグ

感想・レビュー 6

なるほどぉ。最初は『夜行堂奇談』や『質屋シリーズ』のような『いわく付きの品』ばかりを扱うお店の話を想像しながら読み進めましたが、 何と何と!箱の中身は空っぽ!そしてラストの衝撃!完全にやられました!い
ネタバレあり
 箱って中身がわからないから怖いって部分がありますよね。  そして、ホラーだと入っている中身が怖い。外側は、ただの箱なのに。  シンプルなだけに、じわじわと謎を深めていく、箱の中身。  何が入って
ネタバレあり
1件1件
完璧な物に捉われてしまったり、多少の歪みや斜めになってしまうことが許せないことは、メンタル的に病んでいる方によく見られる傾向のような気がします。 (私の回りにいる人を見た見解ですが) そして、芸術家は
ネタバレあり
1件96件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る