障子の向こう

月明かりは影を生む、それを映すは障子

鞘瓜

ホラー 完結
4分 (2,021文字)

5 12

あらすじ

ある部分しか見えない、それは恐怖をあおるには格好の材料だ 例えば影しか見えない状況、それが変わった形だったとき人は様々に考える なんだあれは?人でも生き物でもない、かといって物でもない。まさか

シリーズタグ

感想・レビュー 2

「障子」という薄紙一枚の結界。 たったこれだけが「あちら」と「こちら」を隔てる恐怖。 彼は一体、障子の向こうに何を見たのか・・・? 知りたいような、知りたくないような。 月夜の晩に思わずカーテンを
ネタバレあり
2件1件
 障子に映る影の「妖」。  そして、物語の構成での工夫……あぁ、字書きが一生に一度使えるか使えないかというこの手法!  大胆に使っておられるのに、「おぉ!」と唸りました。 挑戦されておられる……
ネタバレあり
3件9件

この作者の作品

もっと見る