まさかの将門

天慶2年11月21日(939年)国府軍に徴兵された農民A衝撃の物語――

色部耀

2分 (1,103文字)

5 55

あらすじ

 武蔵権守となった興世王は、新たに受領として赴任してきた武蔵国守百済貞連と不和になり、興世王は任地を離れて将門を頼るようになる。また、常陸国で不動倉を破ったために追捕令が出ていた藤原玄明が庇護を求める

タグ

感想・レビュー 2

 な‥‥なんなんだこの脱力感わっ!?w  題名がクライマックスだったってゆう、ねw  ま、まさかの凄い中毒性w
ネタバレあり
1件1件
これはっ……!! まさかの!!!! タイトル駄洒落かい!!Σ(´□`;)と思ったら、内容はまさかまさかの将門……(;゚;◇;゚;)お約束ぅー!! 私いつもレビューする時に「ネタバレ」にチェックつけ
ネタバレあり
2件4件

この作者の作品

もっと見る