水底の書

暗い水底に私はいた……。魂鎮(たましず)めとは。

八朔Q

ホラー 完結
3分 (1,680文字)

6 10

あらすじ

超・妄想コンテスト「水場の恐怖」優秀作品、ありがとうございます。ホラーというよりオカルトファンタジーです。文中に出てくる「あんとく」、安徳天皇の掌編[link:novel_view?w=2370806

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

『水底の書』は短編小説でありながら幻想的な詩のようでもあり、水の輪廻をめぐる魂の姿を目の当たりにしているようでした。 その鋭い感性だけでなく、単なる幻想譚に留まらない、背景の随所に裏打ちされた知識
ネタバレあり
1件

この作者の作品