第一幕「愛と苦悩の青春篇」

いずれの御代のことであったか―ー これは一人の男の、華やかで美しくも、哀しい物語

已乃

42分 (25,044文字)

2 4

あらすじ

いずれの御代のことでしたか―ー これは一人の男の、華やかで美しくも哀しい物語。 *** 世に並ぶものなきと評された皇子は、帝の寵愛を受けながらも臣下に下るしかなかった。 許されざる初恋に悩む彼

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る