受賞

オルフェウスとエウリュディケが機械人形であっても

僕たちはアンドロイドだ。でも、この愛は本物だ!

Artgarden

SF 連載中
46分 (27,507文字)
未完結でも参加できる 執筆応援キャンペーン「終末/退廃/ディストピア」佳作に選ばれました。

159 1.3万

あらすじ

 西暦2504年、アステロイド・ベルト(火星と木星の間にある小惑星群)付近に位置するスペースコロニー(アストロメリア)は、戦争で疲弊したいくつかのコロニーを統合した衛星国家で、メトロポリス化していた。

感想・レビュー 8

ロボット、アンドロイド、人工知能はどれだけ人間に近づけるか?これは今も研究者たちが挑んでいて、その進歩に研究者や企業だけでなく、一般人もおおいに関心を寄せるテーマだと思います。 国家警察の秘密機関で
1件1件
どれだけ人類が発展して未来が訪れても 人間の業は変わらない。てめえらの血は何色だと 突っ込みましたよ。名前忘れましたけど 昔シュワちゃんの火星映画をぼんやり思い出しました。中身全然違うんですけどね。魂
1件1件
コメント遅れて申し訳ありませんでした。 いつもスターをありがとうございます<(_ _)> 物語が面白過ぎて凄いハマってしまいました! 序盤からの殺人、悪役に相応しい犯人像、そして主人公の登場と敵を圧
1件1件
もっと見る

この作者の作品