特集

最弱の代行者

魔法を使えない俺は蔑まれている。

通りすがり

ファンタジー 休載中
24時間50分 (893,505文字)
またリアル都合で停滞すると思いますが、細々と頑張ります。

2.6万 5.6万

あらすじ

魔力はあるものの魔法が使えない“黒江ダリア”は世間からの冷たい風に耐え抜きながら生きていた。 高校の3年生になってもなんの変化も無く、自分にだけ降る槍の雨は勢いを増す一方だった。 高校3年と言えば

感想・レビュー 46

ただいま読み返し中。

ほんとに一番大好きな作品です。 泣けるし、笑えるし、メインキャラも愛おし。誰が推しかも決めかねてしまいます。 作者さんが、リアルが大変だと、思いますが、落ち着いたら続きお願いします。何時までも待ってま

好きな作品だったんだけど…

エタりましたね…。 残念です…。

出色!

「気付く」ことは、とても大切なことで、気付くためには「自分と向き合う」ことをしなきゃいけない。 主人公は代行者たちを呼んだ後、しばらく自分がなぜ彼らを呼び出したのかが分からず、代行者たちもそれゆえ悩
ネタバレあり
10件
もっと見る

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品