28分 (16,585文字)

12 61

あらすじ

あらすじはありません

タグ

感想・レビュー 3

また、これはなんというヒリヒリを伴った話だろう。 五感フルに総動員させられて、子どもの頃の圧まで思い出させてくれる。 優輝さんの書く人物は、裏側を見せてるのにいとおしくなる。 どこかで見た人、自分の
ネタバレあり
1件
街の片隅に息づく人々の物語。 夢のような演出に彩られた甘い恋愛も、絵に描いたようなドラマチックな出来事も無いけれど、しっかり地に足のついた生活の気配が感じられます。 子供は育つ環境を選べない。 どこ
ネタバレあり
2件1件
日本と中国、二つの祖国を持つ青年に、繰り返されてきた父親の言葉は非常に耐え難いものであっただろう。 たとえそれが、『おまえはこちら側の人間なのだ』と思い込ませるためであったとしても、流れる血は変えられ
ネタバレあり
2件3件

この作者の作品

もっと見る