『粉雪舞う空を見上げて』

上を向いても、まだ涙は止まらない。

祈々原 歌音

2分 (817文字)

7 35

あらすじ

★第2回女詩会作品。 テーマは白。

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 13

こんばんは。 拝読しました。 「上を向いてもまだ涙は止まらない」 この言葉、とても好きです。 切なさが、胸に響きました。 恋を失った悲しみと、雪の白が浮かびました。 素敵な詩を、有り難うご
ネタバレあり
前回に引き続きご一緒出来て光栄です。 切ない恋詩を読ませて頂きました。 映画のワンシーンのように情景が目の前に広がります。 音もなく降り積もる粉雪と溢れる涙。 切なさの余韻に浸りたくなる素敵な白の詩を
ネタバレあり
レビュー遅くなりました。 恋をすると本当に強くなれますよね。 人を愛するって、それだけ真剣に相手を思うからかも知れない。 素敵な恋をすればするほど、強さと美しさを備えた女性になれるとも思います。
ネタバレあり
もっと見る