華の絢景(あやかげ)

「僕、至聖さんの弟に生まれたかった」「弟なんて要らない」

渡良瀬

BL 休載中
40分 (23,405文字)

72 2,643

あらすじ

母を亡くした10歳の少年・藤緒鷹志は、父方の祖父・世良田正敬に引取られた。古風で豪奢な大邸宅で鷹志を待っていたのは、父のように頼もしい興津基と、4歳上で華のような美貌をもつ滝川至聖だった。   「華の

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 3

わーんッ! 鷹志が不憫(。>д<) その先のドアを開けちゃならんよ~
1件2件
さ、笹木さん、酷いッ!
1件4件
まるでそこに自分が潜んでいるかのように、子細にわたるまで目の前に世良田邸が広がって見える。鷹志、至聖、そして基の想いが織り上げられるの観たくて、瞬きするのさえ惜しい。彼らの熱い息吹さえ感じられる。渡良
2件5件

この作者の作品