月に恋した花は

花の妖精は月の妖精に恋をしました

桜餅兎

11分 (6,470文字)

3 38

あらすじ

あるところに、変わり者の花の妖精がいました。 月明かりの下で、花の妖精は歌います。 そんなときに声をかけてきたのは、月の妖精でした。 満月の美しい夜に、彼女は―― ※この話は99%の妄想と1%の

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

「ーーということなの。うさぎさん」 アジサイ咲き乱れる雨上がりの夜、花の妖精はそう言葉を結んで、うさぎの頭をなでました。 「それはとてもすてきなお話ね」 そう言って、うさぎは目を細めてうなずきま
ネタバレあり
3件

この作者の作品

もっと見る