雨雨ふれふれ

雨と私と気まぐれな空

InnerIsland

3分 (1,245文字)

3 30

あらすじ

雨の日の一コマ

感想・レビュー 8

写実的な新宿の雨降り模様と、憂鬱で悲壮な心の叫びがシンクロして、現実世界と心的世界の間に一本虹がかかる姿をおのずから探していました。 新宿をはじめとする大都会での雨って、やっぱりどうしてもいつもより
ネタバレあり
こんばんは。 拝読しました。 雨の日のひとコマが描かれていて、目の前に広がるような描写でした。 雨降りの午後に 猫、可愛いですね。 雨の日も自分のペースは崩してなさそうで。 素敵な詩を有り
ネタバレあり
人混みを避けながら、そして雨を避けながら。 ビルからビルへと、傘を持っていなくてもどうにかなるのかもしれませんね。 行き交う人の波をぬって、巨大なビルの建ち並ぶ新宿の街を歩く様子が映像となって浮か
ネタバレあり
もっと見る

この作者の作品