魂の距離 身体の距離

今日だけ、もっと近くにいたい。

かず

恋愛 完結
5分 (2,767文字)

30 74

あらすじ

もしかしたら俺の魂は、カミさんよりもずっとお前に近いところにある。 でも、だからこそ――。 ……………………… 『三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第36回 「おやすみ」という文章

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 4

美夜、亮介、朱里 どの思いも切なく温かく、心に沁みました。 魂の距離が近いという時点で美夜と亮介の間には入り込む余地がないように思えてしまうけれど、全く違う角度から亮介の魂を救っている朱里。 強くて
ネタバレあり
1件1件
後れ馳せながら、明けましておめでとうございます そして、妄想コンテスト入賞おめでとうございます! うん、大人ですね スケベなかめでも、これは憧れる そんな恋をしてみたい! きっと、読まれた方
ネタバレあり
1件
素敵な作品でした。 愛の形って様々だと思います。 確実に存在するだろう、この難しい愛の形を、かずさんならではの表現力で、切なく優しく書かれていたように感じました。 読ませていただき、ありがとうご
ネタバレあり
1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る