師匠と弟子と千里眼

とある師弟の話。

雨宮 実

1時間32分 (54,812文字)
見やすくなるよう、少し修正致しました。しおりがずれてしまった方は申し訳ありません。

85 189

あらすじ

江戸時代。千里眼の力を持つ少女の剣の師になることになった青年はーー ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ※この作品はフィクションです。 設定は江戸後期くらいを軸にしていますが、事実と異なる

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 2

「師匠と弟子と千里眼」読了しました。 師匠も弟子も心が頑なで、 なのに、剣術を通して、すこしずつ心がほぐれていくところがとても素敵でした。 そうですね、例えになるかわかりませんが やさしい「レオン」
3件
オススメの作品です!人との関わり方や心情が繊細に書かれていて、心にスッと映像が流れてくるようです。 主人公の成長と周りの人の関係が見所で、これからどうなるんだろうと楽しみに読ませて頂いております。
4件

この作者の作品