ブレインロック

脳は容易く騙されて、自己をも騙す

羽央えり

ホラー 完結
16分 (9,080文字)

5 60

あらすじ

ゲシュタルト崩壊・ジャメビュ・洗脳・ブレインロック現象・ノセボ効果……―― 脳に起こり得る不可解な現象たち。 その男は、自分の脳に騙される。

タグ

感想・レビュー 6

物語の出だしからグイグイと惹きつけられます。 演出家と役者の間に流れるただならぬ空気感に圧倒されまくりです。 脳のメカニズムはホント不思議です。 見ているもの、聞いているもの、感じているものは、視・
ネタバレあり
1件1件
果たして彼は一体誰だったのだろうか。 鏡に映る彼は誰だったのだろうか。 非常に読み応えのある作品で、芝居や演技の滾る情熱と鬼気迫る練習風景に汗を感じるのですが、徐々に黒い影が落ちていくように、物語に
1件1件
鬼才の演出家。 その迫力たるや凄まじく、彼女の要求に応えるべく、皆、必死となり、それがいつの間にか、演技そのものへと……そして、役柄そのものへとなり切っていく。 その過程の描写が綿密かつ精細であり、
ネタバレあり
1件
もっと見る