薄花桜

「寂しくない」は、嘘。

Nuno

2分 (1,185文字)

21 204

あらすじ

平凡な生活、代わり映えのない日常が、当たり前でなかった時代もあるのです。 忘れてはならんのです。 ─────────────── 妄想コンテスト「桜」参加作品

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 18

今日は日本が平和への一歩を踏み出した日です

拝読いたしましたm(__)m 今日、この作品に出逢わせていただけたことに感謝いたします。 『お国の為』と言わされて死んでいったたくさんの命のことを、忘れてはいけないと思っています。兵士も一般の人々も
1件2件
明日まさに英霊となりゆくひとの、清らかに研ぎ澄まされた言乃葉の、なんと実直なことか。 それだけに、その胸奥におさめられた思いをおもんばからずにはいられません。 薄花桜の下で佇む少女と、薄花桜の
ネタバレあり
5件1件
もしかしたらこれは、Nunoさんの前世の記憶かしら、と思わせるような、切なく、しかし、不思議なリアリティを感じる独白です。 誰も国のためになんか戦っていない。 みんな、自分の大切な人を守りたいだけ
2件3件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る