チョコら手

記憶の中の味と香りと面影と、

BigDog

4分 (2,256文字)

2 5

あらすじ

あらすじはありません

タグ

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

どこかアメリカ現代文学の日本語訳を思わせる文体に、ノースキャロライナの爽やかな風を感じ、その風の中に甘いホワイトチョコとアステカ風の辛いホットチョコの味がミックスされて、たしかに思い出の味を刻みました
ネタバレあり
甘いだけじゃない。ピリ辛で切ないチョコレートのお話でした。 心に残る思い出は、甘い香りと香辛料なんだな。 淡々とした描写からの切なさへ向かうラストに引き込まれました。 素敵な作品を読ませていただき
ネタバレあり

この作者の作品

もっと見る