桜餅の追憶

貧しかった幼少期は……。

顔面ヒロシ

4分 (2,150文字)

4 16

あらすじ

春になると和菓子屋に並ぶ桜餅。 それを見ると、恥ずかしかった過去の盗みを思い出す。 満開に咲いていた桜の花。 病にかかっていた母親。 美しかった白無垢の彼女のことを。

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

※このコメントはネタバレを含みます

1件

この作者の作品