使えない女中のアリエッタ

その歪な感情の名前を、少年はまだ知らなかった。

柴咲もも

恋愛 完結 過激表現
9分 (4,973文字)

87 777

あらすじ

エミリオの屋敷で働く女中のアリエッタはとろくて泣き虫でとにかく使えない。おまけに最近、エミリオは彼女の顔を見るだけでイライラしていた。

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る